« October 2019 | Main | May 2020 »

2020.04.20

振り返りの時期

今年の年賀状には「今年は年末に200年に一度の価値転換”ものから精神へ”が起き、年後半は停滞気味なのでスタートダッシュです」と書いたけど、それがすごい勢いで進んでいて驚くばかり。

具体的には、5月後半から11月頃まで星の逆行が重なるので振り返りムードになりそう。

現実に変化の荒波に巻き込まれている人もいるかもしれないけど、もしまだ時間の猶予があるなら、将来を不安がるよりも過去の清算みたいなのがふさわしい気がする。バブルかその前あたりから日本人は方向性を間違えた気がする。そうなった理由は物事の価値解釈とか、行動の原点の問題で”精神からもの”にシフトしたことだと思う。

バブル期のCMとか今見るとブルジョア的でもあり健康的でもある。個人的にはホンダインテグラに使われた山下達郎の『風の回廊』にはまって繰り返し聴いている。この頃が分水嶺で日本と言う国のバランスが取れていた。解放感とか達成感とか、そうした当時の思いを原点にしてもう一度やり直せないか。

自分の過去でも当時は気が付けなかった誤りを今になって理解することが多くなったし、状況を当時の一人称からもっと多面的に見れて、更にもっと上位というか運気の流れみたいな次元で考えるようになった。もっと若い頃、一時期出来ていたんだけど、思い出してきた感じ。

個人だけじゃなくて人類歴史そのものが様々に暴かれてくる時期だと思う。封印の耐用年数が切れて。

それを素直に受け止めて大きな流れに乗って行くことが重要だろう。自力で生きている人や集団は淘汰されて行く。

 

 

| | Comments (0)

2020.04.09

備忘:東京都でオーバーシュートは起きてないっぽい

たまたま日経xTECHの記事で東京都が新型コロナの最新感染動向のサイトを開設していることを知り、このデータが興味深かったので書いてみることにした。このサイトは以前ヤフーの社長だった現・宮坂学副知事を中心に爆速で開発されたという。

これを眺めていて気がついたことは、陽性患者数と検査実施人数の傾向の一致だった。

Photo_20200409235302 Photo_20200409235301

連日報道で右肩上がりに感染者数が増えているように印象操作されているが、これは検査実施人数をコントロールすることで作ることのできる数字だ。もしそうだとすると、実際の感染者の増減を端的に示す情報は無いだろうか?

すると、すぐ下に面白いデータがあった。

Photo_20200409235304 Photo_20200409235303

特に受診相談窓口 相談件数は、潜在的な感染者数の傾向を表していると思われるが、この値を見る限り横ばいと言える。

つまり、東京都は現在のところ、感染の拡大を上手く抑え込めていると言えるのではないか。

 

更に「東京都の人口(推計)」というページがあり、毎月の値が見れる。これによると、前月人口との増減は令和2年1月1日現在で-2336。2月1日現在で+1941。3月1日現在で-1786。

もう少し経過を見る必要があるが、ここからも大きな変化は見られない。

 

緊急事態宣言とか、自粛の連鎖で先が見通せない状況だが、こうしたデータを見ると悲観一色でもなく、このまま気を引き締めて警戒を維持しつつ、数か月で医療の対策も追いついて来るのを待てば出口も見えてきているのではないかと感じた。

 

 

| | Comments (0)

« October 2019 | Main | May 2020 »