« 大晦日 | Main | 人は魂の徳で立つ »

2015.01.03

脳を活性化する

今日はこの正月休みで初めて用事から解放され、自分らしい時間が持てたと感じた一日だった。年末からずっとTodoリストに沿って自分をコントロールしながら予定通り処理をこなしていくことを心がけていた。そうしないとダラダラ時間を無駄にしそうな感じがしたので。いわば仕事の延長線上で家事を遂行するイメージ。

しかし、自制している感はあれど、ちっとも効率的ではない。読むべき書類も溜まる一方で、今日は思い切って部屋のカーテンを開け日差しを受けながら、じっくりと読もうと思っていたブログのプリントアウトを読むことができた。そこで括目したのがここ、山田貢司さんのブログ。

脳を活性化して時間を超えるという体験談がフォロワーも含めて沢山集まっており、「確かに超一流の人達の時間の使い方はこうだな」という実感が湧いた。脳が活性化して来ると、一般の時間の流れよりも自分の意識の方が追い越してしまい、その余剰分がアドバンテージとして貯金される、という感覚は過去、好調な時期に体感したことがある。例えば本を読むときでも仕事でもそうだがモチベーションというか意識的に切羽詰まった感、あるいはアクセルをふかした感じでやるのとルーチンでやるのとでは大きな違いが出て、結果が処理スピードにも持続力にも表れるだろう。超一流の人達はこうした意識のコントロールが上手なのだと思う。これを偶然に掴むのではなく、深く掘り下げて理解しようとするとスピリチュアル的というかオカルト的というかそういう面に繋がっていく要素がある。

|

« 大晦日 | Main | 人は魂の徳で立つ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19642/60917176

Listed below are links to weblogs that reference 脳を活性化する:

« 大晦日 | Main | 人は魂の徳で立つ »