« 楽な道と困難な道 | Main | 懐メロ三昧 »

2015.01.29

入社30年ぶりの同期会

私は気が付くと若い時から住む場所や生活環境を頻繁に変えていて、一つの土地や職場に落ち着いたのは結婚して以降かもしれない。その大きな理由は、子育てに追われ自分の時間の余裕すら持てない時期が続いたから。

家族が遠くに去り、資格の勉強を一段落させた数年前から、過去の様々な情景を思い浮かべ、自分がこれまで気付いていなかった当時の出来事や人との出会いの意味を、まるで答え合わせをするかのように再解釈し理解し直すことが多くなった。死んだ人間があの世に行って生前の清算をして成仏すると言うが、それを生きている間に行っている印象だ。その結果、ある人物に対する印象が180度変わったり、その当時に周囲がどう思ってなぜそうしたか、今から振り返って初めて分かり、色々と本当に反省させられる。それだからこそ、今の自分を将来から見たときに同じことを繰り返さないよう、自己流の判断で拙速に物事を決断し推し進めてはいけないと自戒するようになった。

昔は、人生を実験しているような気分で生きていて、「こう行動すればどういう結果になるか見てみよう」、みたいに軽い気持ちで生きていたから、運気が長続きしなかった。

私は親と生きる波調が合わなかったので非常に苦労して、言わば社会に出てから一から教わったようなもので、自分でこの世の世界観を再構築する間、随分遠回りして生きて来たし、周りにも迷惑をかけた。何周も周囲からは出遅れていたと思う。だから今は離れたとはいえ、自分を育ててくれた前の会社には言葉に尽くせぬ感謝の気持ちがあり、おこがましいかもしれないけど、外から見て色々と思うことや感じていること具体的な参考になるネタなどをあれこれと考えて特に同期の出世頭の人物とそんな話をしてみたかった。

ぱっと再会した顔をみたときの印象は「みんな全然老けてないなあ、しょぼくれてないなあ」と思った。また、これは会社の持つ雰囲気なのかもしれないが、生まれ育ちのいい品のある人たちだな、という印象だった。そして、一つの場所で続けることの大切さをつくづく感じた。

とはいえ、何となく同期とはいえ上下の関係ができてしまっており、役職の上の何人かは出席せず、邪推かもしれないが組織の責任を背負っているが故の苦労や自負心が同期という括りで同席するのをためらう大人の配慮みたいなものがあったのかな、とも思った。そうした連想から、なぜ自分があの会社を去ったかという理由に繋がっていく気がした。それは、ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズみたいに発想の転換で明日の未来を切り開いていくというクリエイター的な志や衝動のようなものと会社の目指すものが違っているという実感を感じはじめていたから。結局ゼロから作り上げるよりも、既にあるものを手直ししてちゃんと綺麗に包装して市場に出すのが、我々の会社の役目だよ、みたいな話を当時言われたように思う。売上という現実の世界からどうしても抜け出せず、夢を追いかけることとは無縁の人達かも、と当時思い始めて、外の世界に飛び出した。今なら別の方法があったと思う。やはり、始めから終りまで自分は若かったんだなあと思う。

|

« 楽な道と困難な道 | Main | 懐メロ三昧 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19642/61055302

Listed below are links to weblogs that reference 入社30年ぶりの同期会:

« 楽な道と困難な道 | Main | 懐メロ三昧 »