« April 2009 | Main | November 2014 »

2009.05.25

二・二六と中国の今後

二・二六事件は、起こした側、狙われた側、多種多様な書物が出ていて
どこまででも掘り下げることが出来て、まさに昭和の転回点のような
出来事でした。
ふと、これは軍と経済主体との権力闘争だったのではないかと
思いました。ここで軍は敗北し、経済主体の意のままに
動かされて行ったのでしょう。
詳しく、そのあたりのバックグラウンドの事実関係を織り込む
ことも出来るのですが、その気持ちになれないので、骨子だけ
ここでは言及するだけにしたいと思います。
ポイントは、近未来に中国でも同様な権力闘争が巻き起こるような
予感がします。上海派と北京派および地方政府が、一見複雑な
動きを見せるのではないかと予想します。
中国軍が、かつての日本軍のように経済主体に支配される
状態になれば、あり方が変質しますから、外に向かって出て
行くこともあり得ない訳ではないと思います。

|

2009.05.22

宇宙の風

これからの時代、流されて消えていくもの、そして新しく
生まれてくるもの、いつまでも生き続けるもの、それらが
交錯するでしょう。自分の価値観をしっかり持っていないと
主流派に居て野合する生き方をしていると、方向感覚を
失ってしまうでしょう。
今までのやり方や常識では通用しなくなるでしょう。
地球の枠内で考えても、信じられないことが起きてくる
でしょう。パニックこそ好機と捉える支配者がいるためです。
日々の心をなるべく宇宙レベルの風に同調させることです。
話すこと・聞くこと、その風に乗せて生きるのです。
宇宙から地球を眺める気持ちで息をするのです。
無理にベラベラと喋る必要もないし押し付けることもいけない。
縁のある人だけで結構。

|

2009.05.20

不況

今の不況は、良く百年に一度と言われているけど
その言葉が気に食わない。
そんな景気循環のお話ではなく、いよいよ仕上げ
前夜の雰囲気だと思います。
この感覚は、鬼塚英昭さん『八百長恐慌!』や
原田武夫さん『計画破産国家アメリカの罠』など
を読むと分かってもらえると思います。
雑誌『ムー』2009年6月号には北米通貨
AMEROの紙幣やコインの写真が掲載されて
います。

最近驚いたのは、1999年10月に出版された
初版本、高橋五郎さん『早すぎた死亡宣告
誰が大韓航空〇〇七便を”撃墜”したのか』
にこういうくだりを見つけたことです。 P.265
 ブッシュ新知事の仕事、つまり新世界秩序なるもの
の達成が、彼ら「王朝名門一族」のための目標である
のはいうまでもない。二〇一二年がその仕上げの年
だと、TC(日米欧三極会議)の報告書(一九九〇年
四月二十二日のワシントンの会合文書)にそう書か
れている。

恐らく、シナリオ通りに事が運び、唯一神の目指していた
世界が到来するのだと思います。これまでソ連や中国、
ベトナム、カンボジアなどでテストしてきましたが、いよいよ
より精緻・高度なシステムが出現するでしょう。
結局、これはルシファーという存在自身の修行なのです。
この地球の3次元・4次元を支配したとき、何が起きて
何を感じ取るか、それは今の時点では予測できませんし
決まってもいません。

日本は、各自の魂の赴くまま、2つのグループに分かれる
ような気がします。トラディショナルな日本人とハイブリッド
な日本人です。
これは、先日JR新宿駅南口を高島屋から歩いているときに
感じた印象です。建物も歩いている人々も、どこか日本的
ではない。しかし純粋にアメリカ的でもない。混血文化
だと思いました。その後、都会を歩いている女の人の髪
の色を見ていると、年代別に黒髪の割合の状況から
日本の今おかれている文化状況が分かったような気がしました。

在日米軍が存在する限り、日本は思い切った政治の舵取り
は出来ないでしょうね。

|

シュメールやユダヤなど

今年に入ってから、2人の先生にお世話になっています。
先生といっても、直接相対するわけではなく、書物の世界
のお話です。その方々は、藤原肇さんと鹿島昇さんです。
言い方を換えると、大きな山脈であり鉱脈です。
それとは違ったテーマを追いかけていても、気が付くと
この2人にまた行き着いてしまいます。

お2人とも、ほぼ今のアカデミーからも言論界からも
異端の扱いだと思います。著作の殆どは既に絶版です。
それで、ちょっとびっくりしたことがあったのですが
『山岳誌』という、やたらと装丁の綺麗な山男のエッセイ
の大型本が以前からあって、買ったまま一度も開いて
いなかったのですが、藤原肇さん同一人物の著作だと
分かったときは、なかなかイメージが繋がらなかったり
びっくりしたりで面白かったです。

今日は、このお2人とは話が逸れますが、
先日買った雑誌『ムー』2009年6月号は、色々と参考になる
記事がありました。 

 西暦529年、東ローマ帝国皇帝ユスティニアヌスは、国内
にいたギリシア哲学者たちの活動を禁じた。彼らは古代
以来の異教の学問、特に数学、天文学、医学、化学などを
受け継いでいた人々である。この禁令を受けて、彼らは
ペルシアに移住することを余儀なくされ、その地にゴンディ
シャブールの学院を創設した。
 アリストテレスやプラトンなどの貴重な古代の文献は、
ここでアラビア語に翻訳されることにより、消滅を免れた
のだ。
(中略)
 だが無論、この学院で命脈を保った古代の叡智と科学
的思考はその後、1000年のときを経てヨーロッパに持ち
こまれ、ルネサンスを生み、その後の科学技術時代の礎
となるのである--。
 P.41

これまで、十字軍をトリガーとしてルネサンス以降、
なぜヨーロッパ文化が変質するのか理解出来ていません
でした。この一文で疑問が氷解しました。
ギリシャ・ローマの文明がペルシアを経由して逆輸入
されたわけです。

このペルシャすなわち、メソポタミアの文明は、シュメール
人に端を発しています。色々シュメールやゾロアスター教
について調べてみましたが、今の文化と直結している感じ
は受けませんでした。東方へはインドを経て、西方へは
エジプトを経てまた、ペルシャやシルクロードの時代を経て
さまざまな文化とブレンドされて、今の文化に繋がっている
と思います。また、そんな中からユダヤ人が誕生しました。

ユダヤ人の始祖アブラハムはタガーマ州のハランという
場所(これが高天原の原語と言われています)で、YHVH
(エホバ)という神と契約し、それによってユダヤ民族が
成立します。何を契約したかというと、神の戒律を守ること
によってアブラハムの子孫を選民として庇護すると言うもの
です。戒律は(1)唯一神を信仰すること、(2)割礼を行うこと、
(3)人間を生贄としないこと、の3点です。

この戒律は、後にモーセによって発展的に十戒が提示されます。
この「十戒」については、坂本政道さんの『分裂する未来』の中で
メッセージソースにネガティブな情報が混入した可能性がある
ことが示唆されています。 P.27

ユダヤ人たちは、この形のない唯一神の信仰により、現在の
文明の基礎である、議会政治、法律(最初の法典はシュメール人
によるハムラビ法典)、そして恐らく貨幣経済といったものを
生み出していきます。

こうしてみると、イエスキリストにも増して、人類はアブラハムの
契約ということに大きく影響を受けてきたという気がします。
私は、この唯一神はルシファーではないかと思います。

|

2009.05.12

丹田

へその下3cmほどのところにあるチャクラを丹田と呼びます。
瞑想などの場合は、ここに気持ちを集中することになっています。

昨晩寝ながら、各チャクラに意識を合わせて行くと、
私の場合、この丹田に生育の過程で生じたカルマが
残っている気がしました。
具体的にいえば、人と人との縁のようなもの、
すなわち熱情のようなものが、実現されないまま
放置されて来たことが、このチャクラに残っている
と思いました。
しかし、全く新しく人生を設計しなおす方向で現在は
進んでいるようです。

物事なんでもそうですが、失ったものを追いかけても
ループするばかりで消耗し危険です。
その場合は、ある程度捨てる気持ちが必要です。
それは、一種の通行料を払うようなものです。

|

2009.05.11

呼吸2

呼吸法を実践してみると、結局チャクラに関して
意識しなければならないことに気が付きました。

力点の置き場所は、吸気の時に尾骶骨
吐気の時にミゾオチないし各チャクラポイント
というのが良いようです。

これを実践すると精神的に安定します。
鎮まる感じです。

チャクラは、私見では人体を脊髄を中心にした
見方で、つまるところ、人体はモヤシのような
モデルになると思います。
脳から脊髄という根が生えているという形です。
脊髄は、宇宙波動を受け取るアンテナの役割
を持っており、重要なのはその先端部分である
尾骶骨です。

吸気の際に、ここに意識を向けることで
大きな気と同調することが出来ます。
とぐろを巻いた2匹のヘビ、すなわち
クンダリーニは、月海黄樹氏によると
DNAを表しているということでした。
脊髄に沿って螺旋の形で正と負の
気が上昇し、それが各チャクラに到達
することで人体のエネルギーバランスが
保たれるという、そういうメカニズム
のようです。

今年になって、このブログに最初に
書いた食を細くすることと、この呼吸法
は、生活リズムを形成する上で
非常に重要だと思います。

|

« April 2009 | Main | November 2014 »